設立趣旨

海外植物遺伝資源活動支援つくば協議会は、特定非営利活動促進法(NPO法)に基づき、2001年10月に茨城県より法人として認定されたNPOです。 このNPOは、海外各地で消滅の危機にある植物遺伝資源を保全するための事業を行い、現地の地域社会の生活の向上をはかるとともに、将来の人類の福祉維持向上に資することを目的とします。

事業内容

 

 

 

 このNPOは、目的を達成するため、つぎの事業を行います。

(1) 海外の特定地域において、消滅の危機にある植物遺伝資源を現地社会の福祉向上をはかりつつ保全するための活動

(2) 上記のためのおたがいの情報交換および広報活動

(3) 海外協力を目的とした公的機関のプロジェクトの一部受託実施

(4) 海外を含む調査活動の受託実施

(5) 上記に関連してわが国研究機関で研修する外国人の支援

また、上記事業に関連して、委託を受けて外国語と日本語の相互翻訳も行います。

協議会の性格

TASO-PGR

海外植物遺伝資源活動支援つくば協議会は、特定非営利活動促進法(NPO法)に基づき、2001年10月に茨城県より法人として認定されたNPOです。 

事務局

茨城県つくば市